なるべく痛みを感じない治療を行う歯医者とは

なるべく痛みを感じない治療を行う歯医者とは

医療器具

塗る麻酔を使った痛みを感じにくい治療

新宿駅周辺には、痛みを感じにくい虫歯治療を行っている歯医者があります。なぜ痛みを感じにくい治療ができるのかというと、塗るタイプの麻酔薬を使っているからです。
塗るタイプの麻酔は「表面麻酔」といわれていますが、注射タイプの麻酔を使用する際に刺す針のチクッという痛みが苦手な方でもなるべく痛みを感じることがないように配慮した麻酔方法です。治療を行う歯の周りの歯茎に麻酔を塗って、歯茎の感覚を鈍らせます。そうすることで注射タイプの麻酔を打つ際に痛みをほとんど感じない状態にすることができます。

痛みだけでなく不安も解消できる麻酔

痛みを感じなくなるからと言っても、歯医者が苦手な方は不安を感じたまま治療を受けることになってしまいます。しかし、その不安さえも取り払ってくれる麻酔があることをご存知でしょうか。その麻酔とは、「笑気麻酔」というものです。
笑気麻酔は、通常の麻酔と同じように治療を行う前に使用するものですが、針などは使用せず、鼻からガスを吸入するという方法を行います。笑気麻酔のガスを吸入するとだんだん意識がぼーっとしてきてリラックスした状態になります。眠たいときにウトウトしている感覚のような状態です。不安を感じる治療でもリラックスした状態で受けることができます。
ガスを吸入するので副作用が心配という方もいると思いますが、この笑気麻酔には副作用はありません。なので、歯医者嫌いのお子さんでも安心して治療を受けることができます。

笑気麻酔は保険が適用される

笑気麻酔は、保険が適用される麻酔なので、費用もそれほど高くありません。3割負担の場合は1000円ほどで麻酔を受けることができます。また、笑気麻酔は通常の麻酔のように治療後も感覚が鈍ったままになることはありません。ガスの吸入が終わったらすぐにもとの状態に戻ります。

広告募集中